検索エンジンに認めてもらうコンテンツSEO

無限大に利用者の検索ワードはあります。今日まで集客出来てなかった、多数の新規見込み客(潜在クライアント)の獲得がサイト全体のページが『入り口』となるため、可能になります。

 

アマゾンのウェブサイトがたいてい上位にヒットをします。トップページでなくヒットしたページはその本の紹介下層ページデス。

 

モトモトはこのロングテール理論もアマゾンから生まれたものです。(書籍のみならず近頃では雑貨でもヒットします)トップページのみにすべてのキーワードを集中させることは限界があるため、そのアクセス数も結果伸びず、売上貢献が出来ていないのが現実です。

 

SEO対策がアマゾンはこの上なくうまい会社です。トップページだけが大多数のホームページは、アクセスの入り口になっているのにたいして、全くと言っていいほどそれ以外のページは、検索エンジンからのアクセスがなく、入り口ページとなっていません。

 

ロングテールタイプのSEO対策はコレに対してトップページだけではなく、SEO対策を各ページごとにしてアクセスを最大化する手法です。。

 

同業に楽天とかヤフー等もあるんですが、アマゾンの検索を前提とした場合の出現の割合は就中抜きん出て屹々といえます。アマゾンが有名な例でいえば挙げられます。

 

何か思いついた書籍を試しに今すぐ検索してみてください。